注意喚起
当会はヤハギBIO研究所を名のる団体との関係は一切ございません。またヤハギBIO研究所を名のる団体にて当会名誉顧問である矢萩信夫が参与となっておりますが、その事実はございません。

ご注意ください。


日本産冬虫夏草研究会

名誉顧問 矢萩 信夫・矢萩 禮美子

 

【矢萩 信夫】
薬学博士。天津中医学院客員教授。1933年生まれ。早稲田大学法学部、東北薬科大学薬学部卒業。元山形県立河北病院薬局長。早くから日本冬虫夏草研究に取り組み、抽出成分とガンとの関わりを追求してきた。

 

著書:『免疫力を飛躍的に高める昆虫寄生菌類日本冬虫夏草のメカニズム』(ごま書房新社)

『日本冬虫夏草末期ガンへの挑戦』(メタモル出版)など多数

 

【矢萩 禮美子】
自然薬食微生物研究所所長。1934年生まれ。東北医科薬科大学(旧:東北薬科大学)薬学部卒業。1967年より抗がん作用のある天然物の研究を続ける。1995年アメリカ・NIH(国立衛生研究所)に発足したAOM(代替療法調査部)に公式訪問し、冬虫夏草の臨床結果を発表。

 

著書:『癌と戦えサルノコシカケ』(北新興産)

『四季の山野草』『キノコ狩り必勝法』(農文協)など多数


日本産冬虫夏草研究会

顧問 高野 文英

 

日本薬科大学教授(所属:薬学部 漢方薬学分野)。

主な研究として「消化管免疫応答を制御する冬虫夏草属菌由来の高分子アジュバンドに関する研究」、「天然薬物資源の薬理学的評価と活性成分に関する研究」など。

 

所属学会:日本薬学会、和漢医薬学会、日本生薬学会など。


日本産冬虫夏草研究会

顧問 G.J.BATKHUU

 

モンゴル国立大学教授(所属:生物学部)。

 G.J.BATKHUU(バトフー)教授は日本で薬学博士号を取得し、主に有用生物の研究をしており、冬虫夏草(日本産)についての有用性も発表している。


日本産冬虫夏草研究会

事務局 松井 範明

 

合同会社 地域とともに 代表社員。

法政大学社会学部卒業、日本社会事業大学通信教育科卒業 精神保健福祉士を取得し、医療相談員として病院勤務経験。

 

「医療現場で経験した知識と、自然食品や健康食品に携わってきたノウハウで、皆様からのお問い合わせやご質問に一所懸命にお答えさせていただきます。お気軽にご連絡ください。」